レズビアンカップルin台湾

レズビアンカップルin台湾

30代で今更台湾留学を目指すレズビアンカップルの話

Netflixで台湾映画を観る

いいなぁ、アメリカ。彼女のtaiさんが2週間アメリカに旅立ってしまったので家に篭って無菌状態です。

留学への焦りで悶々とし、絵を描いたり、手紙を描いたり、毎日洗濯をしたりと不思議な症状として現れてきている毎日ですが、

こんなんじゃいかん!と、Netflixで台湾映画を観ることにしました。そんなんでもいけないのですが…

ともかくとても良かったので紹介しますね。

 

GF*BF   女朋友。男朋友

 f:id:isoyama0103:20170717141406j:image

少しネタバレ↓

 

主人公、美宝(メイバオ)、忠良(チョンリャン)、心仁(シンレン)の27年間にわたる友情と愛情を描いた青春映画。青春映画ならではの、キラキラした感じを期待して観てみました。期待はすぐに満たされてのですが、この映画、それだけではかったです。

 

1985年の戒厳令下の台湾。高雄でおくる、緑豊かな高校時代から物語がスタートします。自由を求めて主張する3人と社会の考え方の違い、書物も抑制されている戒厳令下のピリッとした感じ…字幕では教官と先生という翻訳の違いがあったので、もしかしたら当時は先生の他に教官もいて、学生達を指導する立場だったのかも(詳しい方いらしたら教えていただきたい)。

高校時代は美宝と忠良は公認の恋仲で心仁は美宝に片想い。でも実は忠良はゲイで心仁に片想いなのですが、時代の移り変わりとともに仲の良かった3人の関係も変わっていきます。

 

高校時代の3人が好きでした。社会からの抑圧、恋愛も、全員が我慢していて実はしんどいはずなのに。

 

社会情勢が濃く盛り込まれている作品ですが、私の印象は青春恋愛映画です。

もう2度と戻れない、どうすることもできない、あの感じ、夏の眩しいキラッとした感じが観た後も目の裏に残りました。

f:id:isoyama0103:20170715084257j:image

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 one